日々つれづれなるままに…で始めましたが、いろいろありまして。まあ、つれづれなるままですよ。


by nakamani
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

クビツァとラディゲ

F1 BMWチームでビルヌーブに変わってレーシングドライバーに昇格したRobert Kubica。
これまでF1誌などではクビツァと表示されていたので、そのままクビツァなんだと思っていたら、フジのF1中継では「クビサ」と呼んでいました。
ところがネットを始めニュースなどでは「クビカ」と表記されております。

kubicaはポーランド人なので、ポーランドの発音ではクビサ、クビツァが近いらしい。アメリカ風の発音だとクビカになるらしいので、本人よりクビサと呼んでくれという旨の発言があったらしく、フジではクビサに統一しているとのこと。
でもAUTOSPORTS誌なんかでは相変わらずクビツァだったりする。

ポーランドを始めヨーロッパ圏ではロバート・クビサで、アメリカ圏ではロベルト・クビカになるっぽい。

そーいやミハエル・シューマッハも他のF1ドライバーが「マイケル」と呼んでいた。

なかなか名前の発音というのは難しいのだなという感じなのですが、その最たる人物が、オートバイの方のWGP(現motoGP)に80年代~90年代初頭に活躍していた Didier De RADIGUES 。

Didier De RADIGUES
読めますか~?

91年シーズンにスズキワークスでケビン・シュワンツのチームメイトとして走っていたライダーです。
オイラはこの91年はスズキを応援していたのでよく覚えております。

当時、深夜にテレビで中継されてたとき、放送では「ディディエ・デ・ラディゲ」と呼ばれていました。

しかしながら、当時の雑誌では「ディディエ・ドラディゲス」と表記されており、単にドラディゲスとも表記されておりました。

しかし、スズキチームの監督さんはインタビューで「ラディゲスもがんばってるんで…」と、ラディゲスと呼んでいました。

さらに80年代半ばのレースビデオ集では「ディディエーデ・ラディーゲス」と紹介されておりました。

…どっちやねん。

ラディーゲスとドラディゲスだったら同じ人と思わないよ?

ホント難しいもんですなぁ…。

ちなみにDidier De RADIGUESで検索してみたら、今は海外で四輪のGTに参戦してるみたい。ベルギーの貴公子、まだ現役か。ちょっと嬉しいぞ。
[PR]
by nakamani | 2006-09-05 11:16 | 雑感