日々つれづれなるままに…で始めましたが、いろいろありまして。まあ、つれづれなるままですよ。


by nakamani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
基本ブログの更新はiMacから行っていたのですが、そのiMacが使用不能となり、たまーにしか使っていなかったWinノートでちょこちょこ作業するも、どーもこれがイマイチやりづらい。それにノートPC持ち歩く訳にもいかんしね。

最近はiPhoneでちょこちょこツイッターなんかにアップしてたけれども、ブログぐらいの文章打つのに適しているとは言い難いし、どうしよかと思っていたところ、前から気になっていたiPadにキーボードつけてみたら実際どうなんだろうと思い立ち、とりあえず購入してみました。

a0024248_15282664.jpg


iPad miniにつけたらこんな感じ。

a0024248_15291816.jpg


お、なんかいい感じ。
ちょっと小さいけれども、キーピッチとかはそんなに悪くなさそう。
てなわけで、このブログはiPad miniから更新してみてます。

今後はもっと文章あげる機会も増えるかな?
てことで、お試し更新でした。
[PR]
# by nakamani | 2016-03-24 15:31 | 日記
さて、日付がかーなーり空いてしまいましたが、アイドルお宝くじ まなみのりさ についてです。
まなみのりさの初登場は、年末に放送された特別編「全国アイドル大集合!!お宝カヴァーしNIGHT」となります。
これはレギュラーバトルとは異なり、全国各地から10組のアイドルが参加してカヴァー曲を披露し、優勝を争うという内容で、放送時間も90分というスペシャル版でした。
放送当時、レギュラーバトルでは圧倒的な強さを誇っていたアプガの東京代表を始め、第1回優勝のspeciaも大阪代表として参加。また、新潟代表のNegiccoなど知名度のあるグループも参戦し、その中で広島代表としてまなみのりさも参加していました。

カヴァー曲はドリカムの吉田美和のユニットFUNK THE PEANUTSの「恋の罠しかけましょ」。
歌詞に出てくるファンクザピーナッツ、ファンピーの部分はまなみのりさやまみりに変更されて歌われていました。この10組のバトルで見事1位を獲得したまなみのりさは、ご褒美ステージとしてオリジナル曲の「ポラリスab」をライブ披露し、ファンとともに盛る上がる様子がほぼフルコーラスで放送されました。

レギュラーバトル初参戦となったのは、お宝カヴァーしNIGHTから2ヶ月後の#15。
鉄板曲のポラリスabを披露し、新女王となった吉田凜音を下して初登場1位を獲得。
さらに#16、#17と3週連続で1位を獲得し、連続1位記録をもつアプガと並びます。
そして4週連続1位をかけた#18では、「センチメンタルライオネット」を披露するも、同じくお宝カヴァーしNIGHTに北海道代表として参加しいたWHY@DOLLに1位を奪われ、2位という結果に。

さらに1位返り咲きを狙い#19で「ポラリスEpisode ZERO」を披露するも、結果はギリギリ通過の3位となります。
この#19を観覧していたファンの方の感想によると、前回2位になってしまったことで会場の雰囲気にのまれてしまい、おそらく緊張からきてしまった不用意な発言もあって、アウェー感覚でのライブになってしまっていたとのことです。
ここで脱落してもやむ無しの状況だったようですが、なんとか3位で勝ち残ることができ、翌#22へと繋がります。

とまあ、前回ブログアップしたところでは、この#19放送終了後で約1ヶ月のおあずけをくらっていた状況でした(笑)

#19の翌週は放送なし。その翌週と翌々週(#20,#21)は、3月12日に行われたパーティライブの放送でした。

このパーティライブでは、シャッフルユニットで勝負を行ったり、CM出演権をかけてPaletとダンスバトルを行い、見事CM主演権を勝ち取ったりとかもありましたが、そこは割愛(笑)

#22では、ミドルテンポの「桜エトランゼ」を披露。しかも観客を全員着席させてのパフォーマンスを選択。
これは観客と一緒に盛り上がる、一体感という要素を排除した形となりましたが、歌をじっくりと聴かせる形が共感を得て見事1位に返り咲きました。

ちなみにファンの方のブログによると、「桜エトランゼ」という曲については、コールや回ったりといったお約束がなく、この曲はじっくりと聴く曲だという認識だったため、ファン同士で曲が始まったら座ろうと話しあっていたそうです。
曰く、最前に陣取ったファンが何もせずにぼーっと見てるだけでは、他のファンの人たちもつまらないだろうし、それならじっくりとパフォーマンスを見てもらおうという意図だったようです。
そしたら、まなみのりさから「この曲は座って聴いてください」というアナウンスが入ったため、ファンの人たちとまなみのりさの考えが一致したことが嬉しかったとのことです。

その後、#23では、バラード曲「レモンサイダーと夏休み」を披露し2位通過。
このときはファンの方たちが協力して、観客全員分のサイリウムを用意し、サビの部分で一斉点灯を行ったようで、それに感動したメンバーが声を詰まらせ歌えなくなってしまったハプニングもあったようで、ファンの方曰く「裏目に出た」とのことでした。

そして#23で初登場したCupitronが#25まで3週連続1位を獲得する中、まなみのりさも#24で「OH!PLEASE!!」で2位、#25では間奏でスクワットを行うのが印象的な「CQ.CQ....~横浜Edition~」を披露し3位で通過すると、この時点でアップアップガールズ(仮)の9週勝ち抜きという記録に並びます。

#26では、Cupitronが3週連続1位のタイ記録、そしてまなみのりさの9週勝ち抜きタイ記録という2つの記録の更新がかかった回となりましたが、Cupitronは4位脱落。そしてまなみのりさは「13日のパティシエ」を披露し、2位通過で見事10週連続勝ち抜きの新記録を達成しました。

次はアプガの持つ1位6回獲得の最多記録を抜くことができるか、というところですかね。

アプガの場合は、レギュラーバトル出演10回のうち、その期間で1位を獲得したのがアプガとポッシボーの2組だけだったのに対し、まなみのりさの場合には、現状レギュラーバトル10回出演期間で、1位を獲得したのは、まなみのりさ(4回)、WHY@DOLL(2回)、Cupitron(3回)、Dancing Dolls(1回)と4組もいることから、アプガのような絶対的な強さを持っているようには見えず、また2強時代に比べると順位変動もそれなりにあり、新規参戦組の見所もあり、アプガのときのように「いいかげん殿堂入りさせろ」といった声は少ないようです。

6月初旬現在、勝ち残り中のまなみのりさの活躍を、今後も見続けてみたいと思います。
[PR]
# by nakamani | 2015-06-03 22:52 | テレビネタ
さて、前回テレ朝の深夜に放送されている『アイドルお宝くじ』について書いたところ、twitter上でリツイートされたりお気に入り登録されたりフォロワーさんが増えたりとかありましてちょっと驚いてたりします(^^;

そんな感じで、第2弾の今回は印象に残った出演アイドルさんについて書こうと思ったのですが、タイトルにも書いたとおり、『アップアップガールズ(仮)』と『まなみのりさ』についてです。
この2組ははずせないでしょう。

アップアップガールズ(仮)(以下アプガ)とまなみのりさは、このアイドルお宝くじという番組において、メインの扱いを受けていると言っていい2組だと思います。

前回もざくっと書いたのですが、アプガについては、第2回放送(#2)から登場し、その後9週勝ち抜き10週連続出場を果たした唯一のグループです。
出演は#2から#14まで。間にレギュラーバトルとは別に「CM出演権獲得バトル」と、スペシャル版「全国アイドル大集合!!お宝カヴァーしNIGHT」が放送され、そこにも出演しているため、13回連続出場を果たしています。1位獲得回数は6回で、現在のところトップの成績です。

#2で、「アッパーカット」を披露し初登場で1位を獲得すると、続く#3、#4と3週連続で1位を獲得。このあたりでアプガの天下となるかと思ったところ、#5で初登場のTHEポッシボーに1位を奪われ2位降格。
そしてこの#5のエンディングでは、通常と編成が異なりました。
通常は、順位発表時に勝ち抜いたアイドルの会場でのコメントが放送され、それが終わると1位〜5位までの
ランキング発表。そして敗退したアイドルのコメントが放送され、優勝チームによるご褒美ステージという名の
告知読みがあるのですが、このときは勝ち抜きチームの会場コメント、ランキング発表のあと、ステージ裏の映像に切り替わり、アプガの「ポッシボーには負けたくなかった」というコメントが放送されました。
このとき脱落した lyrical school と Dancing Dolls は、ともに2週勝ち抜き3週目での敗退であったにもかかわらず、敗退コメントの放送はありませんでした。正直、見ていて「なんで敗退コメントがないんだよ!」と憤ったのを覚えています。

翌#6では、番組冒頭からアプガとポッシボーの対立をあおる内容が放送されます。
結果、#6はアプガが1位奪還しポッシボーが2位。ここから2強体制と言われる状況に突入します。
#7では再びポッシボーが1位。そして#8のCM出演権バトルでもポッシボーが勝利し、アプガは連敗を喫します。
さらに#9でもポッシボーが1位を獲得し、アプガはこの回初登場のprediaにも敗れ3位となります。
そしてこの#9が2014年最後の放送となったため、#10が気になっていた身としては非常にもやもやとした年越しとなりました(笑)

自分は知らなかったのですが、このアプガとポッシボーはもともとハロプロキッズという出自であり、ハロプロを卒業したポッシボーと、ハロプロをクビになったアプガメンバーという関係性もあり、さらには現在「チーム負けん気」というユニットでともに活動しているため、そもそも互いのファンがかぶっていたりといったこともあったようで、ファンによると「この2チームが一緒に出れば2チームが票を集めるのは当然」という状況だったようです。
また、実際にライブパフォーマンスや活動期間の長さなどもあり、デビューからそれ程間もないいわゆるフレッシュアイドルなどと比べれば実力の差は歴然としており、自然と2強体制になっていったのではないかとのことです。

2015年初の放送となる#12では、ノリノリではなくかわいらしい曲『虹色モザイク』を披露し、見事1位に帰り咲きます。
3位崖っぷちからの1位帰り咲きは、アプガ視点から見たドラマ最大の盛り上がりでした。
ちなみにこのとき観覧してた人のつぶやき等を見ると、最初のMCから泣きそうで悲壮感が漂っており、同情票も集まったのではないかということでした。

#13では、メンバーの関根梓が体調不良で欠席の中、6人で『マーブルヒーロー』をパフォーマンスし、こちらも見事1位獲得。
しかし翌#14で、#13同様関根梓欠席の状態でパフォーマンスするも4位となり、遂に脱落となりました。
そしてこのとき、THEポッシボーも5位となり、2強といわれた2組が揃って脱落することになったのです。

レギュラーバトルにおいて、アプガ登場から10週。ポッシボーとともに7週出場。
この共に出場した7週においてはほぼ1位と2位をこの2組で独占していたことになり、あとはどのアイドルが3位に食い込むか、というのが一つの見所となっていました。
逆にいうと3位の発表が終わった段階で、アプガ・ポッシボー以外のアイドルは敗退が確定した形となっていたため、一番の興味が3位発表という状況も起こっていました。
なので、ネット上などでもアプガとポッシボーはもう殿堂入りでいいんじゃないのか、という意見も散見され、実際、観覧に行ったお客さんなども会場での待ち時間に同様の意見があったとのことです。

#14で敗退したときに出場していたのは、つりビット、ハコイリムスメ、吉田凛音の平均年齢14歳の3組。
3位でハコイリムスメが呼ばれた瞬間、おそらく敗退を覚悟したであろうつりビットの悲壮な表情がクローズアップされました。
そして2位の発表でつりビットがコールされた瞬間、驚きから歓喜の表情に変わるつりビットのメンバー。その横で焦るアプガとアプガにバイバイのポーズをするポッシボーが映し出されます。
そして1位に呼ばれたのは、初出場のソロアイドル吉田凛音。その瞬間、驚きの表情で何も言えない吉田凛音と、崩れ落ちるアプガとポッシボーが対比されました。

一部では、この2組の同時敗退は番組による演出(=ヤラセ)ではないのかとの意見も見られましたが、観覧していた人の意見によるとこの日の一番のパフォーマンスは吉田凛音であり、この1位は納得だったとのことです。
このとき出場していた3組は平均年齢14歳の3組であり、100人の観覧客のうち60人はこの3組のファンでした。
応援しているのがフレッシュさが前面に出ているアイドルであり、同様にフレッシュさを醸し出す残りの2組に票が流れたのは不思議ではないのかもしれません。

前半で、フレッシュアイドルよりパフォーマンスが優れており実力差があるので勝ち抜くのは当然という趣旨ののことを書きましたが、逆に負けたのはそのフレッシュさの勢力が多数派となったからだと考えられるのは不思議な感じですね。

というわけで、今回も長文となってしまったため、まなみのりさについてはまた次回書いてみたいと思います。
[PR]
# by nakamani | 2015-04-20 21:20 | テレビネタ
テレ朝で金曜深夜に放送されている『アイドルお宝くじ』がけっこう面白い。

番組内容は、毎回5組のアイドルが出場し、この日のために仕上げてきた1曲を100人のお客さんの前でライブする。
そしてその5組のライブを見た会場の100人のお客さんにより投票を行い、上位3組が次回も出場、下位2組は脱落という勝ち抜きアイドルライブ番組です。
この会場の100人のお客さんというのが、抽選によって選ばれた各アイドルのファン20人。それが5組分で計100人となります。投票はその日のライブで良かった1位から3位までを投票するということで、つまりは他のアイドルのファンをどれだけ取り込めるか、ライブを盛り上げられるかというのがポイントとなります。

自分は第2回放送をたまたま見て、なんだか気になりそこからほぼ毎週視聴しております(笑)

第2回放送というと、その後圧倒的な強さで番組を引っ張っていくアップアップガールズ(仮)の初登場回。ある意味この回から見れたのはラッキーだったのかもしれません。

さてさて、ではこの番組の何が面白いかというと、いわゆる「ガチ」感。アイドルたちの真剣勝負ですね。
正直言うと、自分はそんなにアイドルに詳しいわけでなく、まあ、AKBグループやアイドリング、ハロプロの一部をちょっと知っているくらい。
実際に第2回放送に出演したアイドルも、アップアップガールズの名前をちょっと聞いた事があるくらいで、他の4組 Especia、アイドルネッサンス、Chu-Z、虹のコンキスタドールについては全く知らなかった。まあ、Chu-zになんとなく見覚えのある人がいるなと思ってググってみたら幻の元アイドリング10号だったりとかはあったけど。

しかしながら関東ローカルの深夜とはいえ地上波出演に燃えるアイドルたちの意気込みやライブの模様。さらに勝利した時の歓喜、負けたときの悔し涙など、その真剣さにだんだんと引きこまれ面白くなっていった。

印象的だったのは第6回放送出演のTokyo Cheer(2) Party。
残念ながら登場回で4位脱落だったのだが、ライブ終了後のインタビューでメンバーの1人(センターの娘?)が、涙ながらに「もう1回出して下さい」というと、それを聞いていた周りのメンバーからは笑いが起こったのだが、その直後「次は勝つんでもう1回出して下さい」と続けると、他のメンバーも彼女と一緒に「宜しくお願いします」と頭を下げた。
敗退した悔しさと真剣さがわかるワンシーンだった。

番組は第2回に登場したアップアップガールズ(仮)が初登場1位となり、その後3週連続1位を獲得。
4週目に登場したTHEポッシボーに1位を奪われると、その翌週にはアプガが1位を取り戻し、アプガとポッシボーの2強体勢に突入。
結果、アプガが9週勝ち抜き、ポッシボーが6位勝ち抜きとなり、迎えた翌週に揃って脱落というドラマティックな展開が待っていた。

そしてアプガとポッシボーが退場した翌週に、広島で活動していたアイドルまなみのりさが登場し、アプガ同様3週連続1位を獲得。その後、2位、3位と順位を落としたものの、現時点で勝ち抜き中。
番組ではまなみのりさの1位返り咲きをにおわすような予告を流しており気になるところではあるが、その後、1週休みと2週にわたり特別編を放送しているため、予告を見てから約1ヶ月おあずけをくらっている状態(笑)
やっと今度の金曜日放送です。

この番組、テレ朝だからしょうがないんだけど、金曜深夜というと月イチで「朝まで生テレビ」の放送があるため、それで1週つぶれてしまうんだよね。なので実質月3回放送という状況。

まあ、ちょっと長くなってきたので、今回はこのへんで。
印象に残ったアイドルや番組内容についての突っ込み等はまた次の機会にしたいと思います。
思ったよりも語ってしまっているな…(^^;
[PR]
# by nakamani | 2015-04-14 23:08 | テレビネタ
気づけば1年半放置してたこのブログ(笑)
最近はわりと写真がっつりだったこともあってこちらは放置状態だったのですが、
最近またふつふつと文章書きたい感じもあるので、また使って行ってみたいと思います。
もう開きなおってオタっぽいことも書いていこうと思う今日この頃(^^;
まあ…気が向いたらおつきあいください。

てなわけで、復活第1弾はサッカーネタから。

2012年から昨年まで3年連続で横浜FCのシーズンチケット(年チケ)を購入していたわけですが、
今年は購入せず。

結果的にこの3年間は、山口監督の就任時期と重なってしまったけれども、別に山口監督
が辞めたから年チケ買わなかった訳ではないです。

まあ、昨年あまり観戦に行けなかったから、という現実的な理由と、横浜FCという
チームのビジョンというか未来というか、それがイマイチ見えなかったから、というのもあります。

年チケ買わなかった代わりにといっては何だけど、とりあえずJリーグオンデマンドに入会したので、横浜FCのみならず J1 J2 全試合を見れる環境は手に入れたんですけどね(笑)

さてさて、それではカズ選手のことですが。
カズこと三浦知良選手については、今更自分が言うまでもなく、サッカーファンなら誰でも知っているのでそこは割愛。

横浜FCというと「カズがいるチーム」と認識されている方も多いと思います。
実際横浜FCがニュースで取り上げられるのはほとんどカズ絡みですしね。

ただし、自分はカズがいるから横浜FCを応援しているのではなく、応援していた横浜FCというチームにカズが加入した、んですね。

まあ、アビスパを応援していたりもしましたが、元々フリューゲルスのファンであり、横浜FC誕生時にはスカパーでJFLの試合も見ていたし、4トップとかアホな戦術やってた頃も三ツ沢には行ってたしね。

で、カズですが、実はどっちかってーと、自分はアンチカズでした(笑)
Jリーグが誕生したとき、ヴェルディや代表で大活躍していたのは知ってるけれども、なんつーか派手っつーかちょっとチャライつーかそんな印象でしたしね、当時は。
当時、田原俊彦と友人でトシちゃんの影武者やってワイドショーに登場したり、Jリーグアウォーズで風船の中から真っ赤なスーツで登場するシーンとかね。
今考えたらプレイとは全く関係ないんだけど。
フランスW杯で、最終的にカズがはずれたときも「まぁ、しょうがないかな」と思ったもんだし。

ただ、その後、テレビのドキュメンタリーや本を読んだりして、カズがすごくストイックな生活をしていることや「最後は県リーグでも、自分を必要としてくれるチームならいい」と発言しているのを聞いて、考えをあらためた部分はありました。

そしてヴィッセル退団後、横浜FCに移籍し、翌年にはJ2で優勝しJ1昇格。
そしてさらに翌年J2降格。
そして40代も半ばを過ぎて現在もまだ現役。

横浜FCのファンからすると、横浜FCをJ1に昇格させたことを花道に現役を引退していた方が引き際としては納得できたのだと思う。
実際に当時横浜FCに在籍していた元日本代表の城はそうしたのだしね。

J2降格後も数年間はコンスタントに試合に出場し、連続得点記録も伸ばしていたが、いつの頃からか得点したら記録更新。のみならず、出場するだけでも最年長出場記録更新となり、出場するだけでニュースになる状態がここ数年続いていた。

そんな中で、シーズン連続得点記録が途切れたあたりから、横浜ファンの間でも「カズ不要論」が言われるようになる。
曰く、ネームバリューだけでチームに在籍し続け、動けもしないのに試合に出場し、若手の出場機会を奪っている、というのが主な論調。

自分的には、試合で直にカズの動きも見ているし、必ずしも動けない選手だとは思わない。
確かに全盛期に比べれば動きは衰えているかもしれないけれども、他の選手と比べてもそれ程劣っているようには見えなかった。
ただ、体力的なものはあるとは思うので、フル出場するのはきついと思うけどね。

ここ数年は出場するとしても後半30分頃に横浜が2点差くらいでリードしているときに出てくるようなことが多かった。
つまり試合がある程度決まった段階で出てくるということであり、たまに先発で出場することはあっても、同点で競っているときなどに出場することはほとんどなかった。
それもあって、ますますカズ不要論がネットなどで見られるようになるわけですね。

そして昨年、2014年シーズン。
開幕前にケガをして8月まで試合出場どころかベンチ入りさえしていなかったカズ。
結果、2014年の1年を通しても出場はたったの2試合。時間にしてもわずか8分。
この結果をみたとき、さすがにもう引退だろうと思っていた。
ケガがあったにせよ、わずか8分の出場。
普通なら、引退勧告もしくは契約解除されても文句のいえない内容です。
ところが2014年シーズンが終わって、まっさきに契約更新されたのがカズでした。

自分は横浜FCのファンだし、カズも嫌いな選手ではないです。
ところが、横浜FCのファンの間ではカズ不要論があふれかえりそれを批判するカズ擁護論もあふれています。
横浜FCという同じチームを応援しているはずなのに、「カズ」という1人の選手のためにファン同士でも意見がわれている状態です。
カズ不要論がフロント批判となり、結果チーム批判ともとれる意見も見られます。それがちょっと悲しいですね。
まあ、確かに昨年を見るとフロント批判したくなる気持ちもわかりますが。

今年からルス監督体制になり、開幕から先発で出場を果たしたカズ。
んでもって第2節では久々に得点を決めたり、一応結果を出しています。
色々と言われてはいますが、カズという選手の今シーズン、見守ってみたと思います。
[PR]
# by nakamani | 2015-04-13 22:57 | サッカー
関東に台風が直撃した9月16日。てっきり中止になると思っていたら開催だったので行ってきました。
女子プロ野球初観戦。神宮球場でヴィクトリアシリーズ第5戦です。

a0024248_18214491.jpg


映画プリティリーグが大好きなワタクシとしましては、日本にも女子プロ野球ができていたと知ったときから一度実際に生で見に行こうと思っていたのですよ。

ただまあ、本当に台風で中止になると思っていたんですけどね。
昼過ぎから雨もあがったし19時開始だからもしかしたらやるかなーと思って念のために夕方にサイトチェックしたらまさかの開催。慌てたわ(^^;

てなわけで神宮球場です。
a0024248_1822277.jpg


ヴィクトリアシリーズは女子プロ野球4チームから選抜して東西対抗戦として行われます。
とりあえず1塁側のイースト側で観戦です。
選手紹介時のハイタッチ。
a0024248_1862918.jpg


試合開始前に国歌斉唱、オーストラリア女子野球代表監督による始球式もありました。
でもって試合開始前にテーマソングを流して選手と審判さんも手拍子しとりました。
てなわけで試合開始。プロ野球では整列ってないからちょっと新鮮。
a0024248_1843546.jpg


ウェスト側のマスコット。
a0024248_1844910.jpg


投球練習を見守るイーストの選手。
a0024248_1845895.jpg


試合風景。3塁ランナーがホームを伺ってます。前の方の席だとここまで寄れるのだな。
a0024248_185764.jpg


ハーフタイムショー的な抽選会。なんかもらえたみたいだがアナウンスがイマイチ聞き取れなかった。
a0024248_1851951.jpg


客席にやってくるマスコット。3塁側内野席のお客さんの入りはこんな感じ。
a0024248_1841831.jpg


試合は逆転でイーストの勝利。テーマソングに合わせて勝利のダンス。
a0024248_184330.jpg


とまあ、試合の様子はこんな感じ。
こっからは率直な感想をば。

女子プロ野球のレベルってどのくらいなのだろう、というのがまず興味としてありました。
普段プロ野球を観ているものとしては、プロ野球と名乗るからには国内ではトップレベル、なので、実際にどんな感じなんだろう、とね。

で、試合が始まって1回表。
1番バッターが内野安打で出塁。ショートバウンドがちょっと高く跳ねたためにタイミングが遅れた部分はあったと思うんだけど、え、これがセーフになっちゃうの?と、正直思ってしまった。

そして2番バッターが初球からバントの構え…。
ごめん、目を疑った。
初回ノーアウトだよ? プロ野球でしょ? いきなりバント?
いや、バンドを否定している訳じゃないんですよ。必要な場面ではむしろやった方がいいと思うくらいだけれども…うーむ、初回からかぁ…。
ヒッティングの構えからバントに切り替えるのなら意表をついてアリだと思うんだけどねえ…。

で、ま、バントします。
しょーがない、きっちり1塁へ送ってワンナウトか…と思っているとバント処理したピッチャーが2塁へ送球。
ここでまたえええええっとおもったけれども、さらに送球がそれてセカンドが捕球できず。
バント成功どころかノーアウト2塁3塁て。

もう、この時点で悟りました。
女子プロ野球はプロ野球というよりも、高校野球を観る感覚で観るべきなのだと。

3番バッターがフォアボールで出塁。ノーアウト満塁。
初回からいきなりのピンチもいいところだけども、とりあえず4番バッターをゲッツーにしとめたとこは良かったかな。まあここで1点はしょうがないところだし。
さらに5番バッターにタイムリーを打たれ2点めを入れられ、6番バッターを打ち取って3アウト。

なんだろう…初回の表の攻撃が終わっただけなのに、ものすごいお腹いっぱい感が満載です。

まあ、試合の方は2回と3回にそれぞれ1点追加され、ウェストが4点、イースト0点。
その後イーストが4回に4点を取り同点に追いつき、5回に2点追加して逆転。
そのままイーストの勝利となりました。

試合の展開を観たら、さらにイースト側で観ていたわけだからなかなか面白い試合ではありました。
2回以降はそれ程ひどいプレーもなかったので、まあ初回は緊張してたのかなぁ、という感じですかね。

とりあえずこの1試合だけでははかりかねるので、もう1試合は見に行こうと思ってます。

ただまぁ、金属バット使用、試合開始終了時の挨拶、応援席の身内のような雰囲気ともども合わせまして、やはり高校野球感が満載なんだよね^^;
それは別に悪いことではないので、次回からはもっと楽しめそうです。

とりあえず、女子プロ野球も観て行きたいと思います。
[PR]
# by nakamani | 2013-09-23 19:13 | その他
てなわけでGW最終日。
まぁ、仕事とか本当は色々とやることはあるんだけれども…、ちょっと遠出をしたい、、、

ということで、やってきました栃木県は宇都宮。

a0024248_22222479.jpg


はい、栃木FCーアビスパ福岡戦の観戦です。
本当は横浜FCのアウェーに行こうかと思ってたんだけれども、さすがに北九州で19時キックオフだと、帰ってくるのが難しいので…。
ま、久々にアビの試合でも観ようかなってことで。

宇都宮駅から無料シャトルバスがでてるので便利。
てっか、シャトルバスがけっこう豪華なんですが(^^;
a0024248_22223630.jpg


バスを降りてスタジアムへ。
実は、バスの中に忘れ物してかなりあわてた。
幸いバスがまだスタジアムのまわりにいたので、係員さんに連絡してもらって事なきを得たのであった…。
あー本気で焦った。
a0024248_22203150.jpg


そしてスタジアムに入ります。
a0024248_22204917.jpg


スタジアムグルメ検索へ。
栃木のスタジアムグルメは手頃な値段でボリュームありますね。
a0024248_22205995.jpg


ごはん単品って、けっこう斬新だと思うんだ。
他のスタジアムでもあればいいのに。
a0024248_22375176.jpg


もちろんお目当ては宇都宮餃子でございます。
これで250円は安いぞ。
a0024248_2223361.jpg


もちろんビールもご一緒に。
カップにクラブのロゴとか入ってるのっていいね。
ファンなら持ち帰りたくなるわ、これ。
a0024248_22231574.jpg


調子にのって餃子2人前食べたらけっこうおなかいっぱいになった…。
と、餃子食べたり選手の練習みてたら、突然アナウンスが。

雷雲がスタジアム上空にあるため避難してください、とのことで、急遽スタジアム外周の屋根つきスペースに移動させられます。
ちまみにこれ、昼の12:30くらいよ。
a0024248_22211997.jpg


20分くらい?して、スタンドに戻ってくださいのアナウンス。
30分遅れで試合開始とのこと。
天気はめちゃくちゃ良くなりました。
a0024248_22214020.jpg


前半は一進一退の攻防って感じで進行。
0−0でハーフタイムに突入。

そして後半開始。だんだんまた天気が悪くなってきます…が、後半開始5分くらいで栃木が得点!
盛り上がる会場!!

しかしそのとき。

a0024248_22212994.jpg


ゲーム一時中断のアナウンス。
再度避難させられました。

今度は15分くらい?で、スタンドに戻れて、ゲームも再開。
しかしまた雨が降り雷音がとどろきます。

そして、雷がけっこうでかく光、音もかなりでかく響いた次の瞬間、主審が試合を止めます。
再度のゲーム一時中断…しかし、ほどなく

「ゲーム再開不可能の判断により本日の試合中止」

のアナウンスがあり、結局試合は中止となったのでした。

a0024248_22493217.jpg


チケットの半券は捨てないようにとのアナウンスが流れ、まだ危険なのでスタジアムから出ないようにとの指示がでます…、が、ぼつぼつ帰り始める人たちの姿も^^;

まあ、そんなこんなで、天候不良により試合中止ってのもそんなにできる経験でもないので、たまにはいいかな、と。

グリーンスタジアムはけっこうキレイでいいですね。
あと、客層に家族連れやお年寄りや小さい子供さんも多く、なんか栃木ってけっこう地元に愛されてるなーって感じましたね。
無料送迎バスもそうだし、飲み物のカップとかもそう。なんか地元がバックアップしてるなってのを感じます。

あとあれだ、栃木の監督松田さんだしGKコーチ大神さんだし、DFには山形いるしさ、けっこうおいらが応援してた頃のアビスパの陣容だったりするのよね。なんかちょっと複雑だったわ^^;

というわで、本日のJ2観戦(中断)記?でした。
再試合、行けるのかなあ…。
[PR]
# by nakamani | 2012-05-06 22:56 | サッカー

横浜FC監督解任!

きましたな、これ。

3節終了時点で0勝2敗1分。得失点差で現在最下位。
岸野監督、解任でございます。

てゆーか今切るなら、昨年度で監督交代してれば良かった気もするのだけどね。

まぁ、そうは言っても横浜がJ2優勝してJ1昇格したときも、1試合終了時点で当時の足達監督を解任して、高木監督に交代したりしたので、この監督交代でこれから良い方向に進んでくれるのを祈るばかり。

とりあえず20日は観戦予定なので今季初勝利になってくれるといいな、と。
[PR]
# by nakamani | 2012-03-18 20:39 | サッカー

横浜FCホーム開幕戦

横浜FCホーム開幕戦です。
なんとか開幕戦に年間チケット間に合いました。ICカード型なんですね。
a0024248_21292834.jpg


というわけで三ッ沢到着。
a0024248_21291174.jpg


ホーム開幕ということもあって試合開始前から色々とイベントも。
a0024248_21284144.jpg


私の席からはこんな感じで見れます。2列目なんでえらい近いです。
a0024248_21294653.jpg


ライン際ならこの近さ。コンデジでここまで寄れます。
選手の話声も普通に聞こえてきます。
a0024248_2138217.jpg


審判団の円陣も見れました(笑)
a0024248_2130233.jpg


ハーフタイムの様子。フリ丸もおります。
小さい子が「かわいい」って手降ってたからかわいいんだろうなぁ…。
a0024248_2130621.jpg


選手交代も目の前で。ホベルトお疲れ☆
a0024248_2130361.jpg


試合終了。0−0のスコアレスドロー。
後半メンバーが替わってからはいい場面も多かったです。
ただ、前半は相手に翻弄されてましたからねぇ…まだまだ課題も多そうです。
a0024248_21304984.jpg


というわけで、久しぶりの三ッ沢。
横浜FCのホーム開幕戦でした。
せっかくの年チケなのでこれから1年間、できる限り通ってみたいと思います。
次は勝利を喜びたいですね。
[PR]
# by nakamani | 2012-03-11 21:46 | サッカー

2012年J2開幕!

約1年ぶりのご無沙汰です。
nakmaniです。
前のエントリーが3.11の日記だったりしてちょっとあれだったのですが。
しかも書きかけだったりして申し訳なかったりするのですが^^;

写真も続けてるし、まぁ色々とやってますが、今年はまたJリーグ観戦や野球観戦も積極的に遣っていこうなんて思ってまして、こっちのブログは、スポーツ観戦他、趣味系のブログとして使っていってみようと思います。

さて。

このブログを昔から見てくれてる人(いるのか?)は、nakamaniがJリーグ好き、そしてアビスパ福岡ファンであることをご存じかと思います。実際昨年はJ1に昇格してくれて嬉しかったりもしたのですが、すぐJ2落ちちゃったしなー監督篠さん解任されちゃったしなーなんてありまして。

前から思ってたんですけど、Jリーグのシーズンチケット(年間チケット)を購入してみたいと思ってたんですよね。
実際、昨年はFC東京の年チケ買おうとも思ってたんですけど、なんだかんだで断念して。

年チケってことは、福岡じゃ無理だし、身近に行けるスタジアムになるのは必然。
都内在住のnakamaniは、やはりFC東京が第1候補だったわけですよね。
で、今年こそはと思ってたんですけど、気づいたら2月になっていて。
どーしよーかなーなんて思ってたんですけど、遂に買っちゃいました。

横浜FCのシーズンチケットを。

…なんでこーなった?

いや、ま、元々Jリーグ始まったときは横浜フリューゲルスのファンだったし。
横浜FCが誕生したときもスカパー!でJFLの試合見てたし。

ま、いいかなっと。

微妙にウチ(都内といっても東東京で千葉寄り)から三ッ沢遠いけどね。

というわけで、昨日はいよいよJ2開幕。

残念ながら横浜FCはアウェイ。
だけどせっかくだから開幕は見に行きたい。
だけどもPM3時過ぎまで用事がある。

等々考慮した結果、17:30キックオフの湘南ベルマーレVS京都サンガFC戦を見に行くことに。
渋谷での用事をすませ、あわてて電車に飛び乗り、品川でダッシュで乗り換えて、なんとか16:45くらいに平塚に到着。
平塚は前に何度か来たことあるので、徒歩15分くらいだったなと思いながら歩きます。
平塚ってスタジアムまで案内があるから迷わなくて助かるよね。
a0024248_2172910.jpg


商店街もベルマーレフラッグがずらりと。
だけど時間が遅いからかイマイチ人通りが少なかったっす。
a0024248_217103.jpg


スタジアムに近づくと、もうオープンセレモニーが始まっているのが漏れ聞こえてきました。
急がねば!

ということでなんとか17:15くらいにスタジアム到着。
メインスタンドのホーム側はほぼ席取られてたーので、まぁアウェイ寄りの空いてる席を確保。
なんとかキックオフには間に合った^^;

お昼食べてなかったんで、焼きそばとビールを購入して観戦開始。

そういえば、長いことJ2見てるけど、京都の試合って初めてみるな。
GKが元福岡の水谷だったんでちょっと嬉しかった^^
一応ホームのベルマーレを応援してたんだけど、水谷が好セーブとかすると嬉しかったりね。

京都は天皇杯決勝まで進出したチームなので、地力では京都が勝るかと思ってたんだけど、中々どうしてベルマーレペースで試合は進みます。
京都が先制したと思ったらすぐにベルマーレも同点に追いつき、前半は1-1で終了。

a0024248_2174520.jpg


と、ちょうどハーフタイムのあたりから雨が少し強くなってきた。
小雨なんでそんなに気になるわけではないんだけど、この時期のナイトゲームで雨は厳しかった…。
寒かったです。はい。

後半は一進一退という感じ。
攻めて攻められな試合展開。
京都のFW久保がGKを抜いて無人のゴールに向かうけれども、絶好のチャンスを戻ってきたDFにクリアされる!
いやーあれ、絶対決まると思ってたけど、すごかったわ。
ベルマーレファン大盛り上がり!!

そして後半もアディショナルタイムに入ったところでベルマーレが逆転弾を決めて試合終了!
ホームのベルマーレが初戦を制しました。

うん、堪能した。すごい寒かったけど(笑)

そんなわけで、駅に向かいながら途中でラーメン屋さんに入って、あたたかいラーメンで生き返りようやく帰路についたのでした。

今年のJリーグ初観戦。
今年は何試合観に行けるかな?
[PR]
# by nakamani | 2012-03-05 21:38 | サッカー