日々つれづれなるままに…で始めましたが、いろいろありまして。まあ、つれづれなるままですよ。


by nakamani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

さて、日付がかーなーり空いてしまいましたが、アイドルお宝くじ まなみのりさ についてです。
まなみのりさの初登場は、年末に放送された特別編「全国アイドル大集合!!お宝カヴァーしNIGHT」となります。
これはレギュラーバトルとは異なり、全国各地から10組のアイドルが参加してカヴァー曲を披露し、優勝を争うという内容で、放送時間も90分というスペシャル版でした。
放送当時、レギュラーバトルでは圧倒的な強さを誇っていたアプガの東京代表を始め、第1回優勝のspeciaも大阪代表として参加。また、新潟代表のNegiccoなど知名度のあるグループも参戦し、その中で広島代表としてまなみのりさも参加していました。

カヴァー曲はドリカムの吉田美和のユニットFUNK THE PEANUTSの「恋の罠しかけましょ」。
歌詞に出てくるファンクザピーナッツ、ファンピーの部分はまなみのりさやまみりに変更されて歌われていました。この10組のバトルで見事1位を獲得したまなみのりさは、ご褒美ステージとしてオリジナル曲の「ポラリスab」をライブ披露し、ファンとともに盛る上がる様子がほぼフルコーラスで放送されました。

レギュラーバトル初参戦となったのは、お宝カヴァーしNIGHTから2ヶ月後の#15。
鉄板曲のポラリスabを披露し、新女王となった吉田凜音を下して初登場1位を獲得。
さらに#16、#17と3週連続で1位を獲得し、連続1位記録をもつアプガと並びます。
そして4週連続1位をかけた#18では、「センチメンタルライオネット」を披露するも、同じくお宝カヴァーしNIGHTに北海道代表として参加しいたWHY@DOLLに1位を奪われ、2位という結果に。

さらに1位返り咲きを狙い#19で「ポラリスEpisode ZERO」を披露するも、結果はギリギリ通過の3位となります。
この#19を観覧していたファンの方の感想によると、前回2位になってしまったことで会場の雰囲気にのまれてしまい、おそらく緊張からきてしまった不用意な発言もあって、アウェー感覚でのライブになってしまっていたとのことです。
ここで脱落してもやむ無しの状況だったようですが、なんとか3位で勝ち残ることができ、翌#22へと繋がります。

とまあ、前回ブログアップしたところでは、この#19放送終了後で約1ヶ月のおあずけをくらっていた状況でした(笑)

#19の翌週は放送なし。その翌週と翌々週(#20,#21)は、3月12日に行われたパーティライブの放送でした。

このパーティライブでは、シャッフルユニットで勝負を行ったり、CM出演権をかけてPaletとダンスバトルを行い、見事CM主演権を勝ち取ったりとかもありましたが、そこは割愛(笑)

#22では、ミドルテンポの「桜エトランゼ」を披露。しかも観客を全員着席させてのパフォーマンスを選択。
これは観客と一緒に盛り上がる、一体感という要素を排除した形となりましたが、歌をじっくりと聴かせる形が共感を得て見事1位に返り咲きました。

ちなみにファンの方のブログによると、「桜エトランゼ」という曲については、コールや回ったりといったお約束がなく、この曲はじっくりと聴く曲だという認識だったため、ファン同士で曲が始まったら座ろうと話しあっていたそうです。
曰く、最前に陣取ったファンが何もせずにぼーっと見てるだけでは、他のファンの人たちもつまらないだろうし、それならじっくりとパフォーマンスを見てもらおうという意図だったようです。
そしたら、まなみのりさから「この曲は座って聴いてください」というアナウンスが入ったため、ファンの人たちとまなみのりさの考えが一致したことが嬉しかったとのことです。

その後、#23では、バラード曲「レモンサイダーと夏休み」を披露し2位通過。
このときはファンの方たちが協力して、観客全員分のサイリウムを用意し、サビの部分で一斉点灯を行ったようで、それに感動したメンバーが声を詰まらせ歌えなくなってしまったハプニングもあったようで、ファンの方曰く「裏目に出た」とのことでした。

そして#23で初登場したCupitronが#25まで3週連続1位を獲得する中、まなみのりさも#24で「OH!PLEASE!!」で2位、#25では間奏でスクワットを行うのが印象的な「CQ.CQ....~横浜Edition~」を披露し3位で通過すると、この時点でアップアップガールズ(仮)の9週勝ち抜きという記録に並びます。

#26では、Cupitronが3週連続1位のタイ記録、そしてまなみのりさの9週勝ち抜きタイ記録という2つの記録の更新がかかった回となりましたが、Cupitronは4位脱落。そしてまなみのりさは「13日のパティシエ」を披露し、2位通過で見事10週連続勝ち抜きの新記録を達成しました。

次はアプガの持つ1位6回獲得の最多記録を抜くことができるか、というところですかね。

アプガの場合は、レギュラーバトル出演10回のうち、その期間で1位を獲得したのがアプガとポッシボーの2組だけだったのに対し、まなみのりさの場合には、現状レギュラーバトル10回出演期間で、1位を獲得したのは、まなみのりさ(4回)、WHY@DOLL(2回)、Cupitron(3回)、Dancing Dolls(1回)と4組もいることから、アプガのような絶対的な強さを持っているようには見えず、また2強時代に比べると順位変動もそれなりにあり、新規参戦組の見所もあり、アプガのときのように「いいかげん殿堂入りさせろ」といった声は少ないようです。

6月初旬現在、勝ち残り中のまなみのりさの活躍を、今後も見続けてみたいと思います。
[PR]
by nakamani | 2015-06-03 22:52 | テレビネタ | Comments(0)