日々つれづれなるままに…で始めましたが、いろいろありまして。まあ、つれづれなるままですよ。


by nakamani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

さて、前回テレ朝の深夜に放送されている『アイドルお宝くじ』について書いたところ、twitter上でリツイートされたりお気に入り登録されたりフォロワーさんが増えたりとかありましてちょっと驚いてたりします(^^;

そんな感じで、第2弾の今回は印象に残った出演アイドルさんについて書こうと思ったのですが、タイトルにも書いたとおり、『アップアップガールズ(仮)』と『まなみのりさ』についてです。
この2組ははずせないでしょう。

アップアップガールズ(仮)(以下アプガ)とまなみのりさは、このアイドルお宝くじという番組において、メインの扱いを受けていると言っていい2組だと思います。

前回もざくっと書いたのですが、アプガについては、第2回放送(#2)から登場し、その後9週勝ち抜き10週連続出場を果たした唯一のグループです。
出演は#2から#14まで。間にレギュラーバトルとは別に「CM出演権獲得バトル」と、スペシャル版「全国アイドル大集合!!お宝カヴァーしNIGHT」が放送され、そこにも出演しているため、13回連続出場を果たしています。1位獲得回数は6回で、現在のところトップの成績です。

#2で、「アッパーカット」を披露し初登場で1位を獲得すると、続く#3、#4と3週連続で1位を獲得。このあたりでアプガの天下となるかと思ったところ、#5で初登場のTHEポッシボーに1位を奪われ2位降格。
そしてこの#5のエンディングでは、通常と編成が異なりました。
通常は、順位発表時に勝ち抜いたアイドルの会場でのコメントが放送され、それが終わると1位〜5位までの
ランキング発表。そして敗退したアイドルのコメントが放送され、優勝チームによるご褒美ステージという名の
告知読みがあるのですが、このときは勝ち抜きチームの会場コメント、ランキング発表のあと、ステージ裏の映像に切り替わり、アプガの「ポッシボーには負けたくなかった」というコメントが放送されました。
このとき脱落した lyrical school と Dancing Dolls は、ともに2週勝ち抜き3週目での敗退であったにもかかわらず、敗退コメントの放送はありませんでした。正直、見ていて「なんで敗退コメントがないんだよ!」と憤ったのを覚えています。

翌#6では、番組冒頭からアプガとポッシボーの対立をあおる内容が放送されます。
結果、#6はアプガが1位奪還しポッシボーが2位。ここから2強体制と言われる状況に突入します。
#7では再びポッシボーが1位。そして#8のCM出演権バトルでもポッシボーが勝利し、アプガは連敗を喫します。
さらに#9でもポッシボーが1位を獲得し、アプガはこの回初登場のprediaにも敗れ3位となります。
そしてこの#9が2014年最後の放送となったため、#10が気になっていた身としては非常にもやもやとした年越しとなりました(笑)

自分は知らなかったのですが、このアプガとポッシボーはもともとハロプロキッズという出自であり、ハロプロを卒業したポッシボーと、ハロプロをクビになったアプガメンバーという関係性もあり、さらには現在「チーム負けん気」というユニットでともに活動しているため、そもそも互いのファンがかぶっていたりといったこともあったようで、ファンによると「この2チームが一緒に出れば2チームが票を集めるのは当然」という状況だったようです。
また、実際にライブパフォーマンスや活動期間の長さなどもあり、デビューからそれ程間もないいわゆるフレッシュアイドルなどと比べれば実力の差は歴然としており、自然と2強体制になっていったのではないかとのことです。

2015年初の放送となる#12では、ノリノリではなくかわいらしい曲『虹色モザイク』を披露し、見事1位に帰り咲きます。
3位崖っぷちからの1位帰り咲きは、アプガ視点から見たドラマ最大の盛り上がりでした。
ちなみにこのとき観覧してた人のつぶやき等を見ると、最初のMCから泣きそうで悲壮感が漂っており、同情票も集まったのではないかということでした。

#13では、メンバーの関根梓が体調不良で欠席の中、6人で『マーブルヒーロー』をパフォーマンスし、こちらも見事1位獲得。
しかし翌#14で、#13同様関根梓欠席の状態でパフォーマンスするも4位となり、遂に脱落となりました。
そしてこのとき、THEポッシボーも5位となり、2強といわれた2組が揃って脱落することになったのです。

レギュラーバトルにおいて、アプガ登場から10週。ポッシボーとともに7週出場。
この共に出場した7週においてはほぼ1位と2位をこの2組で独占していたことになり、あとはどのアイドルが3位に食い込むか、というのが一つの見所となっていました。
逆にいうと3位の発表が終わった段階で、アプガ・ポッシボー以外のアイドルは敗退が確定した形となっていたため、一番の興味が3位発表という状況も起こっていました。
なので、ネット上などでもアプガとポッシボーはもう殿堂入りでいいんじゃないのか、という意見も散見され、実際、観覧に行ったお客さんなども会場での待ち時間に同様の意見があったとのことです。

#14で敗退したときに出場していたのは、つりビット、ハコイリムスメ、吉田凛音の平均年齢14歳の3組。
3位でハコイリムスメが呼ばれた瞬間、おそらく敗退を覚悟したであろうつりビットの悲壮な表情がクローズアップされました。
そして2位の発表でつりビットがコールされた瞬間、驚きから歓喜の表情に変わるつりビットのメンバー。その横で焦るアプガとアプガにバイバイのポーズをするポッシボーが映し出されます。
そして1位に呼ばれたのは、初出場のソロアイドル吉田凛音。その瞬間、驚きの表情で何も言えない吉田凛音と、崩れ落ちるアプガとポッシボーが対比されました。

一部では、この2組の同時敗退は番組による演出(=ヤラセ)ではないのかとの意見も見られましたが、観覧していた人の意見によるとこの日の一番のパフォーマンスは吉田凛音であり、この1位は納得だったとのことです。
このとき出場していた3組は平均年齢14歳の3組であり、100人の観覧客のうち60人はこの3組のファンでした。
応援しているのがフレッシュさが前面に出ているアイドルであり、同様にフレッシュさを醸し出す残りの2組に票が流れたのは不思議ではないのかもしれません。

前半で、フレッシュアイドルよりパフォーマンスが優れており実力差があるので勝ち抜くのは当然という趣旨ののことを書きましたが、逆に負けたのはそのフレッシュさの勢力が多数派となったからだと考えられるのは不思議な感じですね。

というわけで、今回も長文となってしまったため、まなみのりさについてはまた次回書いてみたいと思います。
[PR]
by nakamani | 2015-04-20 21:20 | テレビネタ
テレ朝で金曜深夜に放送されている『アイドルお宝くじ』がけっこう面白い。

番組内容は、毎回5組のアイドルが出場し、この日のために仕上げてきた1曲を100人のお客さんの前でライブする。
そしてその5組のライブを見た会場の100人のお客さんにより投票を行い、上位3組が次回も出場、下位2組は脱落という勝ち抜きアイドルライブ番組です。
この会場の100人のお客さんというのが、抽選によって選ばれた各アイドルのファン20人。それが5組分で計100人となります。投票はその日のライブで良かった1位から3位までを投票するということで、つまりは他のアイドルのファンをどれだけ取り込めるか、ライブを盛り上げられるかというのがポイントとなります。

自分は第2回放送をたまたま見て、なんだか気になりそこからほぼ毎週視聴しております(笑)

第2回放送というと、その後圧倒的な強さで番組を引っ張っていくアップアップガールズ(仮)の初登場回。ある意味この回から見れたのはラッキーだったのかもしれません。

さてさて、ではこの番組の何が面白いかというと、いわゆる「ガチ」感。アイドルたちの真剣勝負ですね。
正直言うと、自分はそんなにアイドルに詳しいわけでなく、まあ、AKBグループやアイドリング、ハロプロの一部をちょっと知っているくらい。
実際に第2回放送に出演したアイドルも、アップアップガールズの名前をちょっと聞いた事があるくらいで、他の4組 Especia、アイドルネッサンス、Chu-Z、虹のコンキスタドールについては全く知らなかった。まあ、Chu-zになんとなく見覚えのある人がいるなと思ってググってみたら幻の元アイドリング10号だったりとかはあったけど。

しかしながら関東ローカルの深夜とはいえ地上波出演に燃えるアイドルたちの意気込みやライブの模様。さらに勝利した時の歓喜、負けたときの悔し涙など、その真剣さにだんだんと引きこまれ面白くなっていった。

印象的だったのは第6回放送出演のTokyo Cheer(2) Party。
残念ながら登場回で4位脱落だったのだが、ライブ終了後のインタビューでメンバーの1人(センターの娘?)が、涙ながらに「もう1回出して下さい」というと、それを聞いていた周りのメンバーからは笑いが起こったのだが、その直後「次は勝つんでもう1回出して下さい」と続けると、他のメンバーも彼女と一緒に「宜しくお願いします」と頭を下げた。
敗退した悔しさと真剣さがわかるワンシーンだった。

番組は第2回に登場したアップアップガールズ(仮)が初登場1位となり、その後3週連続1位を獲得。
4週目に登場したTHEポッシボーに1位を奪われると、その翌週にはアプガが1位を取り戻し、アプガとポッシボーの2強体勢に突入。
結果、アプガが9週勝ち抜き、ポッシボーが6位勝ち抜きとなり、迎えた翌週に揃って脱落というドラマティックな展開が待っていた。

そしてアプガとポッシボーが退場した翌週に、広島で活動していたアイドルまなみのりさが登場し、アプガ同様3週連続1位を獲得。その後、2位、3位と順位を落としたものの、現時点で勝ち抜き中。
番組ではまなみのりさの1位返り咲きをにおわすような予告を流しており気になるところではあるが、その後、1週休みと2週にわたり特別編を放送しているため、予告を見てから約1ヶ月おあずけをくらっている状態(笑)
やっと今度の金曜日放送です。

この番組、テレ朝だからしょうがないんだけど、金曜深夜というと月イチで「朝まで生テレビ」の放送があるため、それで1週つぶれてしまうんだよね。なので実質月3回放送という状況。

まあ、ちょっと長くなってきたので、今回はこのへんで。
印象に残ったアイドルや番組内容についての突っ込み等はまた次の機会にしたいと思います。
思ったよりも語ってしまっているな…(^^;
[PR]
by nakamani | 2015-04-14 23:08 | テレビネタ
気づけば1年半放置してたこのブログ(笑)
最近はわりと写真がっつりだったこともあってこちらは放置状態だったのですが、
最近またふつふつと文章書きたい感じもあるので、また使って行ってみたいと思います。
もう開きなおってオタっぽいことも書いていこうと思う今日この頃(^^;
まあ…気が向いたらおつきあいください。

てなわけで、復活第1弾はサッカーネタから。

2012年から昨年まで3年連続で横浜FCのシーズンチケット(年チケ)を購入していたわけですが、
今年は購入せず。

結果的にこの3年間は、山口監督の就任時期と重なってしまったけれども、別に山口監督
が辞めたから年チケ買わなかった訳ではないです。

まあ、昨年あまり観戦に行けなかったから、という現実的な理由と、横浜FCという
チームのビジョンというか未来というか、それがイマイチ見えなかったから、というのもあります。

年チケ買わなかった代わりにといっては何だけど、とりあえずJリーグオンデマンドに入会したので、横浜FCのみならず J1 J2 全試合を見れる環境は手に入れたんですけどね(笑)

さてさて、それではカズ選手のことですが。
カズこと三浦知良選手については、今更自分が言うまでもなく、サッカーファンなら誰でも知っているのでそこは割愛。

横浜FCというと「カズがいるチーム」と認識されている方も多いと思います。
実際横浜FCがニュースで取り上げられるのはほとんどカズ絡みですしね。

ただし、自分はカズがいるから横浜FCを応援しているのではなく、応援していた横浜FCというチームにカズが加入した、んですね。

まあ、アビスパを応援していたりもしましたが、元々フリューゲルスのファンであり、横浜FC誕生時にはスカパーでJFLの試合も見ていたし、4トップとかアホな戦術やってた頃も三ツ沢には行ってたしね。

で、カズですが、実はどっちかってーと、自分はアンチカズでした(笑)
Jリーグが誕生したとき、ヴェルディや代表で大活躍していたのは知ってるけれども、なんつーか派手っつーかちょっとチャライつーかそんな印象でしたしね、当時は。
当時、田原俊彦と友人でトシちゃんの影武者やってワイドショーに登場したり、Jリーグアウォーズで風船の中から真っ赤なスーツで登場するシーンとかね。
今考えたらプレイとは全く関係ないんだけど。
フランスW杯で、最終的にカズがはずれたときも「まぁ、しょうがないかな」と思ったもんだし。

ただ、その後、テレビのドキュメンタリーや本を読んだりして、カズがすごくストイックな生活をしていることや「最後は県リーグでも、自分を必要としてくれるチームならいい」と発言しているのを聞いて、考えをあらためた部分はありました。

そしてヴィッセル退団後、横浜FCに移籍し、翌年にはJ2で優勝しJ1昇格。
そしてさらに翌年J2降格。
そして40代も半ばを過ぎて現在もまだ現役。

横浜FCのファンからすると、横浜FCをJ1に昇格させたことを花道に現役を引退していた方が引き際としては納得できたのだと思う。
実際に当時横浜FCに在籍していた元日本代表の城はそうしたのだしね。

J2降格後も数年間はコンスタントに試合に出場し、連続得点記録も伸ばしていたが、いつの頃からか得点したら記録更新。のみならず、出場するだけでも最年長出場記録更新となり、出場するだけでニュースになる状態がここ数年続いていた。

そんな中で、シーズン連続得点記録が途切れたあたりから、横浜ファンの間でも「カズ不要論」が言われるようになる。
曰く、ネームバリューだけでチームに在籍し続け、動けもしないのに試合に出場し、若手の出場機会を奪っている、というのが主な論調。

自分的には、試合で直にカズの動きも見ているし、必ずしも動けない選手だとは思わない。
確かに全盛期に比べれば動きは衰えているかもしれないけれども、他の選手と比べてもそれ程劣っているようには見えなかった。
ただ、体力的なものはあるとは思うので、フル出場するのはきついと思うけどね。

ここ数年は出場するとしても後半30分頃に横浜が2点差くらいでリードしているときに出てくるようなことが多かった。
つまり試合がある程度決まった段階で出てくるということであり、たまに先発で出場することはあっても、同点で競っているときなどに出場することはほとんどなかった。
それもあって、ますますカズ不要論がネットなどで見られるようになるわけですね。

そして昨年、2014年シーズン。
開幕前にケガをして8月まで試合出場どころかベンチ入りさえしていなかったカズ。
結果、2014年の1年を通しても出場はたったの2試合。時間にしてもわずか8分。
この結果をみたとき、さすがにもう引退だろうと思っていた。
ケガがあったにせよ、わずか8分の出場。
普通なら、引退勧告もしくは契約解除されても文句のいえない内容です。
ところが2014年シーズンが終わって、まっさきに契約更新されたのがカズでした。

自分は横浜FCのファンだし、カズも嫌いな選手ではないです。
ところが、横浜FCのファンの間ではカズ不要論があふれかえりそれを批判するカズ擁護論もあふれています。
横浜FCという同じチームを応援しているはずなのに、「カズ」という1人の選手のためにファン同士でも意見がわれている状態です。
カズ不要論がフロント批判となり、結果チーム批判ともとれる意見も見られます。それがちょっと悲しいですね。
まあ、確かに昨年を見るとフロント批判したくなる気持ちもわかりますが。

今年からルス監督体制になり、開幕から先発で出場を果たしたカズ。
んでもって第2節では久々に得点を決めたり、一応結果を出しています。
色々と言われてはいますが、カズという選手の今シーズン、見守ってみたと思います。
[PR]
by nakamani | 2015-04-13 22:57 | サッカー