日々つれづれなるままに…で始めましたが、いろいろありまして。まあ、つれづれなるままですよ。


by nakamani
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

少林少女見てきました

今日も仕事に行ってたわけですが、本当はお休みの本日。
最低限やらなきゃいけない仕事は終わらせて、夕方に会社を出ました。
本っっ当に、この3週間以上休みなく会社と家の往復しかしてなかったんで、映画でもみるべと銀座へ遠征。

とりあえずマリオンに行ってやってる映画を確認して、ちょうど始まる時間だったので『少林少女』見てきました^^

全然期待してなかったけど、けっこう面白かった!!
いやいや柴咲コウさんすごいっすわ。
オイラの中での柴咲コウさんのイメージはDr.コトー診療所の星野さんだったからね(^^;
アクションも演技も良かったっす。
大画面でアップになっても本当におキレイでした。

映画始まって最初に出てきたのが麿赤児さんだったんで、ちょっと驚いたけどね(汗)

少林寺で修行を積んだ主人公の桜沢凛が日本に戻ってきて、少林拳を広めようと道場に戻ってくると、既に道場が廃墟となっていて、かつての兄弟子を訪ね歩き、今は中華料理店を営んでいるかつての師匠のもとへ。そこでアルバイトしている留学生のミンミンに誘われ大学のラクロス部に加入することに…。
というのが大まかなお話。まあ、ラクロスやる代わりに少林拳やってとか学長と対決とか色々とあるわけですが。

中華料理屋で働いてる人、あれ、見たことあるなーと思ったら本家少林サッカーに出てた太った飛ぶ人と鉄の腹筋の人でした。飛ぶ人はタマゴネタもやっちょりました。ラスト付近ではわりとこの2人も活躍。凛との3人での決めポーズはけっこうカッコよかった。
でもってミンミンがすっげーかわいかった。


さてさて、この映画は大まかにラクロスのお話と、後半のカンフー決戦が見所になっているわけですが、正直、カンフー対決はいらなかった気がするんだよね。確かにアクションはすごかったけど。
もっとこう、ラクロスを通して成長する凛とチームメイトとの友情とか、少林拳を教わるチームメイトたちとか、そっちメインのお話でも良かったんじゃないかな。
どうせ対決するなら試合での対決でいいと思うんだよね。
でもそしたらまんま少林サッカーのラクロス版になっちゃうか。ま、でもそれも面白いと思うんけど。

シャウ・シン・チーが監督かと思ったら本広さんだったのね。
なんだかんだで本広さんの映画ってけっこう見てるな~DVDも持ってるし。

まあ、なんだかんだでけっこう面白かったです。
今日は映画の日だったんで1,000円だったのが思いがけずラッキーでした(笑)
[PR]
by nakamani | 2008-06-01 22:07 | 日記