日々つれづれなるままに…で始めましたが、いろいろありまして。まあ、つれづれなるままですよ。


by nakamani
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

横浜FC カズについて思うこと

気づけば1年半放置してたこのブログ(笑)
最近はわりと写真がっつりだったこともあってこちらは放置状態だったのですが、
最近またふつふつと文章書きたい感じもあるので、また使って行ってみたいと思います。
もう開きなおってオタっぽいことも書いていこうと思う今日この頃(^^;
まあ…気が向いたらおつきあいください。

てなわけで、復活第1弾はサッカーネタから。

2012年から昨年まで3年連続で横浜FCのシーズンチケット(年チケ)を購入していたわけですが、
今年は購入せず。

結果的にこの3年間は、山口監督の就任時期と重なってしまったけれども、別に山口監督
が辞めたから年チケ買わなかった訳ではないです。

まあ、昨年あまり観戦に行けなかったから、という現実的な理由と、横浜FCという
チームのビジョンというか未来というか、それがイマイチ見えなかったから、というのもあります。

年チケ買わなかった代わりにといっては何だけど、とりあえずJリーグオンデマンドに入会したので、横浜FCのみならず J1 J2 全試合を見れる環境は手に入れたんですけどね(笑)

さてさて、それではカズ選手のことですが。
カズこと三浦知良選手については、今更自分が言うまでもなく、サッカーファンなら誰でも知っているのでそこは割愛。

横浜FCというと「カズがいるチーム」と認識されている方も多いと思います。
実際横浜FCがニュースで取り上げられるのはほとんどカズ絡みですしね。

ただし、自分はカズがいるから横浜FCを応援しているのではなく、応援していた横浜FCというチームにカズが加入した、んですね。

まあ、アビスパを応援していたりもしましたが、元々フリューゲルスのファンであり、横浜FC誕生時にはスカパーでJFLの試合も見ていたし、4トップとかアホな戦術やってた頃も三ツ沢には行ってたしね。

で、カズですが、実はどっちかってーと、自分はアンチカズでした(笑)
Jリーグが誕生したとき、ヴェルディや代表で大活躍していたのは知ってるけれども、なんつーか派手っつーかちょっとチャライつーかそんな印象でしたしね、当時は。
当時、田原俊彦と友人でトシちゃんの影武者やってワイドショーに登場したり、Jリーグアウォーズで風船の中から真っ赤なスーツで登場するシーンとかね。
今考えたらプレイとは全く関係ないんだけど。
フランスW杯で、最終的にカズがはずれたときも「まぁ、しょうがないかな」と思ったもんだし。

ただ、その後、テレビのドキュメンタリーや本を読んだりして、カズがすごくストイックな生活をしていることや「最後は県リーグでも、自分を必要としてくれるチームならいい」と発言しているのを聞いて、考えをあらためた部分はありました。

そしてヴィッセル退団後、横浜FCに移籍し、翌年にはJ2で優勝しJ1昇格。
そしてさらに翌年J2降格。
そして40代も半ばを過ぎて現在もまだ現役。

横浜FCのファンからすると、横浜FCをJ1に昇格させたことを花道に現役を引退していた方が引き際としては納得できたのだと思う。
実際に当時横浜FCに在籍していた元日本代表の城はそうしたのだしね。

J2降格後も数年間はコンスタントに試合に出場し、連続得点記録も伸ばしていたが、いつの頃からか得点したら記録更新。のみならず、出場するだけでも最年長出場記録更新となり、出場するだけでニュースになる状態がここ数年続いていた。

そんな中で、シーズン連続得点記録が途切れたあたりから、横浜ファンの間でも「カズ不要論」が言われるようになる。
曰く、ネームバリューだけでチームに在籍し続け、動けもしないのに試合に出場し、若手の出場機会を奪っている、というのが主な論調。

自分的には、試合で直にカズの動きも見ているし、必ずしも動けない選手だとは思わない。
確かに全盛期に比べれば動きは衰えているかもしれないけれども、他の選手と比べてもそれ程劣っているようには見えなかった。
ただ、体力的なものはあるとは思うので、フル出場するのはきついと思うけどね。

ここ数年は出場するとしても後半30分頃に横浜が2点差くらいでリードしているときに出てくるようなことが多かった。
つまり試合がある程度決まった段階で出てくるということであり、たまに先発で出場することはあっても、同点で競っているときなどに出場することはほとんどなかった。
それもあって、ますますカズ不要論がネットなどで見られるようになるわけですね。

そして昨年、2014年シーズン。
開幕前にケガをして8月まで試合出場どころかベンチ入りさえしていなかったカズ。
結果、2014年の1年を通しても出場はたったの2試合。時間にしてもわずか8分。
この結果をみたとき、さすがにもう引退だろうと思っていた。
ケガがあったにせよ、わずか8分の出場。
普通なら、引退勧告もしくは契約解除されても文句のいえない内容です。
ところが2014年シーズンが終わって、まっさきに契約更新されたのがカズでした。

自分は横浜FCのファンだし、カズも嫌いな選手ではないです。
ところが、横浜FCのファンの間ではカズ不要論があふれかえりそれを批判するカズ擁護論もあふれています。
横浜FCという同じチームを応援しているはずなのに、「カズ」という1人の選手のためにファン同士でも意見がわれている状態です。
カズ不要論がフロント批判となり、結果チーム批判ともとれる意見も見られます。それがちょっと悲しいですね。
まあ、確かに昨年を見るとフロント批判したくなる気持ちもわかりますが。

今年からルス監督体制になり、開幕から先発で出場を果たしたカズ。
んでもって第2節では久々に得点を決めたり、一応結果を出しています。
色々と言われてはいますが、カズという選手の今シーズン、見守ってみたと思います。
[PR]
by nakamani | 2015-04-13 22:57 | サッカー